バリュー投資〜CFと投資先日記〜

資産形成を目指すべく行った日々の活動を記録しています

研修医終わった後のキャリアについて考えてみた。ハイポ思考で需給分析

研修医終わった後どうするかな〜

ということで、よく言われる3つのルートについて考えてみました。

新しい情報が入り次第、この記事は随時アップデートしていくかもしれません。

 


ビジネスに頑張るルート

専門外だから参入して優位性は全くないし、医師免許を持っている意味もあまりない。強いて言えば保険になるくらい。

最初は医師免許を活用したビジネスをしようと思っていましたが、正直活用方法がとても難しいとわかりました。

新しいサービスをつくるとして、

経営は経営のプロに

資金集めは投資家に

IT技術などはエンジニアに

頼ることになります。ここに医師免許を持っている意味はありません。

医師監修を頼むとしても、名前が欲しいだけなので免許があれば誰でもいいです。

 

もしここでビジネスに頑張るとすると、日々の診療業務があるのは大きなハンデです。フルタイムにコミットできないので、せいぜい作れてスモールビジネスだと思います。

(スモールビジネスも大変ですが。。。)

 

このルートを選ぶとしたら、アイデア探しのために医師として働き、見つかり次第それに全力を尽くすのがいいかなと思います。

 

泥医ルート


稼げたのは情報格差のおかげなので、ネットが広まったこれからの時代だと普通に大変そうです。(まだ詳しく調べてないからなんとも言えないけど)

まあノースキルだからそれくらいの待遇だよねって感じに最終的には落ち着くと思います。

 

これを生涯続けるのは難しいですが、繋ぎとしては良さそうです。

 

 

泥医+ビジネスルートは良さそうですね。晩年泥医で終わる人が殆どだと思いますが。

 

産業医などその他の保険診療的ルート

資格をとる難易度が比較的低めで、給料は悪くなく、安定がありそうな気がするという感じのルートです。

これは完全に同業者が増えるか次第なので、ある意味ギャンブルです。

 

緩く生きていきたい場合にはいいと思います。

 

 

専門医とるルート


そもそも給料払ってくれる国のお財布事情がやばいので、客数↑×客単価↓で推移していくと思います。

経営者側からしたら現状維持なので滅茶苦茶悪くはないと思いますが、働く側としては仕事量が給料に対して増える結果になると思います。

 

興味があるわけではなく、打算で選ぶには適していないルートだと思います。

 

 

自由診療ルート

これは伸びる分野さえあれば、とてもいいと思います。

最近はマーケティングがかなり洗練されている印象なので、すでにある美容整形や脱毛などの分野は厳しいと思います。

ある程度自分に優位性が必要です。

 

自分のスキルを高める道に進むなら、報酬と成果が連動するこちらの道の方が魅力的です。