バリュー投資〜CFと投資先日記〜

資産形成を目指すべく行った日々の活動を記録しています

本業の株式投資+副業として医師免許バイトとスモールビジネスが最終到達地点

f:id:mdaiue:20201202183923j:image

 

気がつけば医学部の高学年となり、学生生活も終わりが見えてきました。

そんな今の自分にとって、本業を株式投資、副業を医師免許を使ったバイトとスモールビジネスが目指すべき最終到達点だと感じています。

もちろん、他の生き方を否定する気は全くなく、人それぞれだと思います。

 

ざっくりとそれぞれの目的を書くとこんな感じです。

株:資産を増やす

医師免許バイト:生活費

スモールビジネス:生活の質を上げる

 

まずは、この生活スタイルに移行するための前提として、まとまった資産を保有している必要があります。

 

前提条件となる資産額

シンプルに1億円の流動資産があれば上記の生活に移行が十分可能だと思います。

食っていけるかという視点ではもちろん大丈夫ですし、効率の面でも十分だと思います。

 

1億作るまでの道は、医者なら明確です。

早期のマネタイズが可能な場所でハードワークをすればいいだけです。

僕の予想では2030年あたりまでは、現状と同等か劣る程度の待遇で働けると考えています。

したがって、インデックス投資と合わせれば十分到達可能な目標だと考えています。

 

 

 

本業と副業の定義

タイトルでは本業を株式投資、副業を医師免許を使ったバイトと書きました。

本業と副業の定義は、年収や社会的なステータス、ブランディングなどでいくらでも変わります。

ここでの定義はざっくりと、いっぱい稼げる方としておきます。

正確には将来得られるキャッシュフローの現在価値の比較です。

 

個人的な見解ですが、資産1億を超えたら株式投資への時間配分をかなり上げたほうがいいと思っています。

確かに資産1億の時点では普通に医者をやったほうが稼げますが、資産運用の経験値は溜まりません。

複利の効果を踏まえて、株式投資へのリソースを増やすべきタイミングが1億だと考えます。

 

 

株式投資の投資スタイル

これはバリュー投資でやっていく予定です。

現在価値より株価が安いものを買っていくというスタイルです。

少し専門的な話になっていますが、現在はネットネットの日本株をバケット買いする手法の実験を主にしています。

(資金は親に出してもらっています)

絶賛修行中です。

 

インデックス投資に勝てるのか?

株を本業にするということは、市場平均=インデックスを上回るパフォーマンスを狙うということです。

僕は可能だと考えています。

根拠は、

  • バリュー投資で成功している偉人(バフェットとかグレアム、パブライなどの大御所)がいて、その理論に納得できること
  • 祖父の株での成功を見ていること
  • 資金が多くない分、歪みを見つけやすい中小型株を投資対象にできること

こんな感じです。

正直、明確な根拠はありません。

祖父がこっから大損こいたら諦めるかもしれません。

 

医師免許バイトをやる理由

これは社会との繋がりを得るためと、株式投資に対するリスクヘッジが目的です。

週何回かは普通に働くのもありだと思います。

株当たり前ですがマイナスの年もあるので、定期的な収入がないのは精神的に悪影響です。

パフォーマンスに悪影響が出てしまうので、定期的な収入は確保しておきたいです。

 

スモールビジネスは主に節税目的

もう一つのスモールビジネスは主に節税目的で行う予定です。

王道なのが車です。

自分の給料で乗るのは嫌ですが、経費で乗れるなら欲しいです。

もちろん全額経費計上はできませんが、実質の生活水準は上がります。

 

世の中には本業にはできないけど、副業としてはそこそこ稼げるものがいくつかあります。

僕は学生ですが、現時点で2つほど思い浮かびます。

一つは親が退職後にやろうかと考えているモノ、もう一つは知人に聞いたものです。

 

もちろん、医者をやる上でより洗練されたスモールビジネスが見つかれば、それにも挑戦していきたいです。

 

スタートアップ的な起業は目指さない

僕が医学部に入ってはおらず、一般企業に就職するというのであれば起業(スモールビジネスではなくスタートアップ的な方)という選択肢もありだったと思います。

しかし、医師として働く上で必要なスキルは、スタートアップを作る上であまり役に立たないと思います。

医師としての経験は自分が起業するというよりは、医療ビジネスの監修やアドバイスなどで活きていくと思います。

 

医師としての労働集約的な技術を身につけることで開ける道は、起業というよりは独立、開業、自営だと思います。

独立するにしても、あくまで中小零細企業の社長的なマインドが向いていると思います。

 

ビジョンや理念ではなく、具体的に現実的にやっていきます。

 

終わりに

以上社会に出たことがない、バイトは家庭教師しかやったことがない医学生の戯言ポエムでした。

10年後にこの記事を書いた自分がどうなったか、覚えてれば結果を書きたいと思います。