資産形成を目指す医学生

資産形成を目指すべく行った日々の活動を記録しています

Youtubeの広告が始まった頃のお話【経験者談】

最近Youtubeの規制がどんどん厳しくなっているようですね。

有名Youtuberラファエルのメインチャンネルの垢BANを筆頭に、垢BANや収益化の対象にならない人などがちょくちょく出てきています。

たまたま僕はYoutubeの広告サービスが開始した時にYoutubeに動画投稿していたので、その当時と現在のYoutubeの比較をしていきたいと思います。

ちなみにその当時僕は中学生でした。

Youtube広告開始初期の様子

初期

収益化の基準

僕はゲーム実況動画を投稿していた時期があるのですが、その時にYoutubeに広告がつけれるようになったらしく、運よく広告サービス開始初期の頃の様子を経験することができました。

当時Youtubeで広告がつけれるようになったと知ったのは、Youtubeからメールが来たからです。

Youtubeから広告をつけませんか?というお誘いメールが来た記憶があります。

なんと、Google様からお誘いメールがきたのです。

現在はYoutubeの動画を収益化するのには審査が必要で、登録者1,000人と年4,000時間の動画再生時間の基準をクリアする必要があります。

僕は当時登録者1,000人もいませんでしたし、年4,000時間の動画再生もされていませんでした。

しかしお誘いメールがきたのです。

つくづくYoutubeは、始める時期が重要だなと思います。

広告開始初期に投稿した動画

当時僕が投稿していた動画は、ゲーム実況をメインに、おすすめゲームランキングや顔出ししない実写動画などです。

続けていくうちに万単位で再生される動画が出てきて、一番再生された動画は10万再生くらいいったと思います。

その10万再生いった動画はゲーム実況ではなく、つり動画でした。

つり動画なので再生数は稼げるのですが、当時は収益化の基準も甘かったのでそのつり動画はしっかりと稼いでくれました。

つり動画は当時ニコ動とかによくあったのを参考につくったものです。

つり動画はその10万再生いった動画しか作りませんでした。

適当に中学生が1回だけつくった動画でもそんなに再生されるという事です。もししっかりと技術を磨けば、とんでもないことになっていたのではと思います。

おそらくつり動画、字幕でニュースなどを配信している動画あたりを本気で極めていたら、規制強化されるまでにサラリーマンの平均年収くらいは稼げたと思います。

僕は受験勉強をきっかけにYoutubeをやめました。

いくら稼げたのか

7/4回換金できるくらい稼げました。

副業として考えると、ゲーム実況のためのキャプチャー代などがかかっていたので、とんとんでした。

2回目の換金ができていたら完全に収支はプラスでした。

当時は自分の通帳にgoogleの名前が記帳されて、とても興奮した覚えがあります。

現在のYoutube

規制の厳しさ

今僕はYoutubeをやっていないので、収益事情に僕より詳しい人はたくさんいます。

しかし、一つだけ分かることは今は昔と比べて規制がめちゃくちゃ厳しいということです。

ラファエルの垢BANですが、どうやらYoutubeがエロ系の規制を強化したことが原因なのではないかといわれています。

昔のYoutubeには普通のエロ動画が放置されていたことを考えると、あれで垢BANされるなんて随分規制が強化されたなと思います。

Youtubeは昔みたいに過激なことができなくなっているので、新規にYoutubeを始めても再生数を稼げるようになるのは相当厳しくなっていると思います。

Youtubeの将来

Youtubeは動画をみれるプラットフォームとして、ネット黎明期からある大御所です。

なのでクリーンな動画はYoutubeで、それ以外の過激な動画は新しい別の動画共有サイトで楽しまれるようになると思います。

昔のテレビとYoutubeみたいな関係が、ネットの中にも出てくると思います。

なので今から動画関係のサービスを始める方は、特別な才能があるわけではないかぎり、次に流行る動画共有サービスを虎視眈眈と探す方が重要だと思います。

先駆者になるかは成功するかを大きく左右します。

同じような実力の2人がいれば、より有名な方(=チャンネル登録者が多い方)の動画を大抵の人はみると思います。

その差を覆すには何か特別な才能がいります。

それがないなら次に流行りそうなものを研究して、そのサービスで有名になるのを目指した方がいいと思います。

終わりに

中学生程度の知能でも稼げるYoutubeはやはりすごいと思います。

しかしよく考えると、本質的にすごいのは広告です。

プラットフォームが変わっても、規制が強化されても広告自体は変わりません。

広告に興味をもてただけでもYoutubeをやっていた甲斐がありました。