バリュー投資で平穏に

資産形成を目指すべく行った日々の活動を記録しています

【学生用】お得かつキャッシュレスに生活できる最適なクレジットカードの組み合わせ

 

僕は普段財布を持ち歩いていません。

買い物は携帯で基本済みます。

ラーメン屋など現金が必要な所では、手帳型スマホケースを使っているので、そこに入れておいたお札で支払っています。

持ち物を1つ減らせるというのはかなり快適です。

現金で小銭を数えて出すよりスマートでクレジットカードのポイントの分だけお得です。

今回はキャッシュレス化するのにおすすめかつ、ポイント還元率が高いクレジットカードの組み合わせを紹介していきたいと思います。

クレジットカードは色々な種類があり組み合わせを考えるのはとても大変です。

なので僕が最終的にたどり着いた学生にとってベストな組み合わせを紹介します。

この記事の対象

18〜25歳の学生でiPhoneユーザーの方です。

iPhoneユーザーを対象としている理由は、androidには詳しくないからです。

Apple Payの様なサービスがandroidにもあると思いますが、僕はiPhoneしか使った事ないので分かりません。

ご容赦ください。

厳選した3枚のクレジットカード

楽天カード

1枚目はクレジットカードの中でも有名な楽天カードです。

もしかしたら1枚目はと聞いた時点で、複数作れるのか?と思った人もいるかもしれません。

しかし大丈夫です。

学生なら基本カードの審査に落ちませんし、3枚程度なら余裕で作れます。

僕は大学生ですが現在5枚のクレジットカードを持っています。

過去に数枚解約したことがあるので、6回以上審査に通っていることになります。

では前置きはここらへんにして、本題に戻ります。

楽天カードは審査が少し厳しくなってきていますが、依然審査が緩いカードです。大学生なら尚更緩いです。

1枚目のカードとしては、敷居が低くお勧めです。

楽天カードの還元率

還元率は1%と普通ですが、楽天市場で買い物をする時かなりお得になります。

通常の1%に加えて、2%分加算されます。つまり3%還元されます。

普段amazonを使うという方も楽天市場の方が安い場合や、欲しい商品がamazonになくて楽天市場にある場合もあるので楽天カードを持っておいて損はないです。

ちなみにamazon primeの学生版であるprime studentは学生なら加入必須です。

本が実質1割引で購入でき(書店では再販価格制度により割引購入はできない)、動画・音楽も見放題、もちろんお急ぎ便も無料です。入る事を強く推奨します。

楽天カードを手にいれるもうもう一つの目的

楽天カードの還元率は楽天市場を使わないのなら正直普通です。

しかし楽天カードを手にいれる目的はもう一つあります。

楽天Edyを使うためです。

楽天Edyは電子マネーの1つで、楽天カードをお持ちなら月末にまとめて利用分を支払います。

楽天Edyはキャッシュレス化を目指すなら必須です。

クレジットカードや他の電子マネーには対応していないけど、楽天Edyだけ対応しているお店は思ったよりあります。

なので網羅するためにも楽天Edyは持っておく事をお勧めします。

また、このカードをApple Payに登録するとQUICPayとしても使えます。

どうしても3枚もカードを発行するのが嫌だという方は、楽天EdyとしてもQUICPayとしても使える楽天カードがお勧めです。

リクルートカード

2枚目のクレジットカードはリクルートカードです。

リクルートカードは還元率が高いカードとしてクレジットカード業界の中で有名です。

還元率はなんと常時1.2%!

昔はリクルートカードプラスというもっとお得なカードがあったのですが、現在は新規発行をすることはできません。(貸金業法が改正されカード会社の収入が落ちたため)

還元率1.2%は現在ではかなり高いです。

リクルートカードがすごいのはネットショッピングではなく普段のお店の買い物でも還元率1.2%を保っていることです。

0.2%の差とはいえど塵も積もれば山となるです、普段の買い物では出来るだけリクルートカードを使いましょう。

また、ふだん使いに使用していると限度額は10万円までなので、大学生といえど限度額に引っかかってしまうことがあるかもしれません。

VISAとJCBで2枚発行しておいてもいいかもしれません。僕はそうしています。

飲み会の幹事などをやればすぐ10万円の限度額に引っかかってしまいます。

また、リクルートカードはApple Payに登録するとQUICPayとして使えます。

三井住友VISAカードデビュープラス

3枚目のカードは、三井住友VISAカードデビュープラスです。

クレジットカードに詳しくない方でも1回くらいは聞いたことがあるだろう超有名なカード、の学生版です。

安定感抜群なこのカードは学生用クレジットカードのドンといっても良いでしょう。

還元率は1%(1000円で2ポイント、1ポイント5円相当)なのでそこまで高いというわけではありません。

このカードが本領発揮するのは還元率ではありません。

デビュープラスの高い利用限度額

親の承認があれば、学生用のカードにも関わらず利用限度額がなんと月30万円も与えられます!

他の学生向けカードは基本月10万円までです。

僕はカードの利用限度額を10万円から20万円にしようと2,3枚のカードで申請したことがあるのですが、どれも却下されました。

支払いの遅延は今までなく1年以上使っていたカードだったのですが却下されました。学生で月10万円以上の限度額を得るのは結構難しいことです。

(一時的な限度額の引き上げは、リクルートカードで成功しました。)

30万の限度額があれば大抵のものは限度額を気にしなくても買えます。

使うか使わないかはおいといて、心に余裕をもてます。

30万円の限度額あればiPhone SIMフリー版だって買えちゃいます!

デビュープラスはamazonと相性がいい

このカードはamazonと相性がいいです。

三井住友VISAカードが提供しているポイントUPモールを経由してamazonで商品を買えばポイント還元率が2%になります。

amazonで買い物をするのは、amazonカードを使うよりこのカードを使う方がお得です。

(amazonのゴールドカードを使った方がお得な場合もありますが、amazonのヘビーユーザーでもなければ、特に学生の購入額程度なら三井住友VISAカードデビュープラスを使った方がお得です)

また、このカードはApple PayではiDとして使えます。

現金、クレカ、電子マネーを網羅

スマホ型手帳ケースを使う場合、現金,クレジットカード,各種電子マネーを網羅することができます。

現金と楽天カードをスマホケースのカードを収納する部分にいれることで、現金,クレジットカード,楽天Edyをカバーできます。

さらにiPhone本体のApple PayでiDとQUICPayをカバーできます。

suicaもApple Payに対応しているので、これだけの支払い手段があれば基本困ることはないでしょう。

現金も使用頻度はかなり減ります。

よくある不安

複数枚持ってるとカードの管理が難しくなるのでは?

家計簿アプリにクレジットカードを登録すればまとめて管理できるようになり、利用額の把握もしやすくなります。

有名どころだとマネーフォワードがあります。

無料で使い勝手がよくお勧めなのはMoney Treeというアプリです。

 

不正利用をされたら?

最低でも毎月1回は利用明細を確認するようにしましょう。

それが不正利用だと判明した場合は、クレジットカード会社に連絡すれば返金してもらえます。

スマホケースに入れると磁気不良になるのでは?

スマホの磁気が原因で磁気不良になる事はほとんどなく、大抵はスマホケースの磁気が原因です。

なので磁石付きではないスマホケースを使いましょう。

お勧めのスマホケースはこれです。

磁石が付いていないので磁気不良にならず、横向きにカードをいれることが出来るので落ちる心配もありません。

カード2枚までとなっていますが、僕がカード3枚+お札を入れています。

最悪磁気不良になっても再発行を頼めばしてもらえるので、あまりナーバスにならなくても大丈夫です。

終わりに

楽天カード、リクルートカード、三井住友VISAカードデビュープラスはキャッシュレス化とお得度の観点から最強の組み合わせです。

ライフスタイルによっては組み合わせはもちろん変わりますが、一般的な学生にはこれが一番だと考えられます。