バリュー投資で平穏に

資産形成を目指すべく行った日々の活動を記録しています

3年計画で医学部に彼女を合格させる【再受験】

 

【彼女の医学部再受験記録part1】

彼女の受験勉強が明日から始まります。

なので僕はそれを応援する傍ら過程を記録する事にしました。

彼女の目指す志望校

彼女の志望校は、

東大非医程度のレベルの医学部です。

まあ東大理系に受かるくらいのレベルを目指すと言う事です。

僕的には東大と同程度の偏差値の医学部があった場合、医学部の方がミスをいかにしないかの戦いになるので精神的にきついと思います。

イメージ的には東大は自由に暴れれば実力があれば受かるけど、医学部は神経をすり減らして間違い探しをする感じです。

(あくまで僕個人のイメージです)

ちなみに志望校をぼかしているのは、医学部は狭い村社会なので目立つ事は絶対に避けるべきだからです。

これは実際に医学部に通っている方にはよりお分かり頂けると思います。

万が一、受かったのにも関わらずこの受験記が原因で身バレした場合彼女に顔向けができません。

 

彼女が医学部を目指す理由

これは純粋に医師として働きたいからだそうです。

邪(一般的には)な理由ではないので、より応援したくなります。

まあ邪な理由でも僕は応援しますが。

医師になりたいのは小学生の時からの夢らしいので、ぜひ叶えて欲しいです。

 

彼女のスペック

彼女は一回大学に行っていたのですが、やめています。

特に学力がある事を証明できる大学ではないのと、別の事情があって選んだ大学なので、学力の推測は大学からはできません。

と言う事で、現役時代の模試の成績で推定したいと思います。

高2の駿台模試の偏差値が最大瞬間風速で65を超えたらしいです。

それが総合か、個別かは聞いていないので分かりません。

合格率80%以上は大体駿台偏差値70くらいなので、受かるには最大瞬間風速をプラス5すればいいと言う訳です。

彼女の話を聞く限り現役時代の勉強の体力はある程度あるが、勉強方法は改善の余地がかなりあったのでポテンシャルはあると考えています。

 

彼女の環境

大学を辞めているとはいえ、完全に時間を自由に使える訳ではありません。

バイトや料理などをしないといけません。

これらは受験勉強のいい息抜きになると思うので、むしろ良かったのではないかと思います。

 

当分の間の方針

現在はまだ情報が不足している状況です。

大学入試の制度も近々代わりますし、志望校の傾向などもまだ調べきれていません。

なので当分の間(1月中)、下記の3つの参考書を進めることにします。情報が集まり次第計画をたてていきます。

数学

数学はとりあえず網羅系参考書であるFocus Goldをやります。

彼女は現役時代に青チャート、黄チャート、Focus Goldをやっていたそうなので…1冊に絞ります。

 

英語

英語はビジュアル英文解釈part1を軸にします。

とりあえず英語はこれから受験まで毎日触れて欲しいので、僕が現役時代に英語の駿台偏差値60を超える大きな要因となったビジュアル英文解釈を選びました。

彼女もやった事があるようなので、復習がてらちょうどいいでしょう。

加えて、移動時間などの暇だけどがっつりは勉強しづらい時に備えてもう1冊購入しました。

購入したのはシステム英単語です。

英単語はしばらくはこれ1冊でいきます。

 

終わりに

概要はこんな感じです。

3年後に合格報告ができるよう、しっかりとサポートしていきたいです。

東大理一か理二くらいが才能が必要なボーダーだと思っているので、どうなるか楽しみです。