バリュー投資で平穏に

資産形成を目指すべく行った日々の活動を記録しています

投資アフィリエイトブログの矛盾と限界

 

投資ブログは大まかに2つに分けることができます。

1つ目として、いかに自分が儲かっているかを示し、サロンや情報教材などに誘導するブログ

2つ目として、”投資で”儲けることを目標として運営されるブログ

前者の目的は自分のスキームに人を誘導して儲ける事、後者の目的はより優れた投資についての記事を書いて広告収入で儲ける事。

僕が限界を感じるのは後者の方です。

投資の原則に反する

後者のブログは投資の原則に反します。

反していなくてもいずれ反します。

 

1.儲かる画期的な手法を見つける

2.誰もがその手法を真似する

3.一人当たりのパイが小さくなっていく

4.その手法による歪みが大きなる事で、その歪みを利用できた人が儲ける

とこのようなサイクルをいずれ迎える事になるからです。(ある意味迎えることができるのは幸せ)

1の段階を目指して色々な人が投資手法をブログに書いています。

しかし1を達成した瞬間、より多くの人にブログを見てもらおうと頑張るよりかは、記事を非公開にした方が儲かるようになります。

人と同じことをやっていても儲からないという投資の原則と、より優れた投資についての記事を書いた方が儲かるブログは相性が悪いのです。

 

中途半端に儲ける

ほとんどの人は1の段階に達しないため、この矛盾はとりだたされることはありません。

0段階目と1段階目の中間を行ったり来たりして、小遣いを稼ぐのにはブログは向いています。

今流行りの積み立てNISA系のブログは、堅実に投資してついでにブログの広告収入でも儲けようというものです。

誰もがやっている積み立てNISAによるインデックス投資を、これまた誰もがやっている内容でブログを書く…他の事に時間を使った方がいいのではと思えてしまいます。

 まあ日々の記録や交流目的でやりたいというのも分からなくはないですが。

終わりに

投資の世界では中途半端な人が一番食い物にされます。

そうならないためには

  • そもそも投資には関わらない
  • 自分という人的資本に投資する
  • 節税の方に力を入れる
  • 吹っ切れた行動をする

など別の分野で頑張るのも一つの手です。

投資の、誰かを出し抜いて儲けるものという性質はこの先もなくならないでしょう。