バリュー投資〜CFと投資先日記〜

資産形成を目指すべく行った日々の活動を記録しています

誰もがインデックス投資をしはじめたら儲からなくなる【空売りのチャンス】

 

最近投資系ブログでは大体がインデックス投資についてです。

インデックスは弱点が少ないかなり優れた投資法だと思いますが、あくまで投資。

儲かる方法を誰もがやり始めたら儲からなくなるという投資の性質は、インデックス投資においても例外ではありません。

今回はそのことについて書いていきたいと思います。

インデックス投資とは

どこもかしこもインデックス投資が推奨されている現在、皆さんには今更説明するまでもないと思いますが、軽く説明しておきます。

 

インデックス投資は日経平均やS&P500などの市場平均を買うものです。株価は長期的に右肩上がりという前提のもと、市場平均を買えばゆっくりと、しかし着実に資産形成ができるというもの。

 

あたかもインデックス投資一択かのように語られますが、懸念するべき事柄ももちろん存在します。しかし、それに触れている人はほとんどいないのが現状です。

これからその懸念すべき事柄について説明していきます。

This is differentは禁物

インデックス投資もあくまで投資手法の一つです。今は市場平均を表す指数として時価総額をベースにしたものが主流ですが、もしかしたら別の指数が主流になっているかもしれません。

今まで数多の投資手法が登場しては使えなくなっていきました。

最初から役に立たなかったものもありますし、有効でしたが広まってしまったため使えなくなったものもあります。中にはバブルを引き起こすまでに至ったものもあります。

ここで1つ言えるのが、ずっと使える手法は今までなかったということです。

今回は違うという考え方は大抵ろくな結果にならず、授業料を払うことになります。

インデックス投資は確かに隙のない投資手法ですが、あくまで1つの投資手法にすぎません。これを絶対視するのは避けるべきです。

 

歪みが大きくなる

市場平均を買うということは、株価同士の相対的な関係はそのままになるということです。

割高な株があっても、割安な株があっても放置されます。

アクティブな投資家が適正な数いる状況では株価の裁定取引が行われ、割高な株は売られ割安な株は買われるので、歪みは修正される方向に動きます。

しかしほとんどの投資家がインデックス投資を行う場合、市場の裁定取引機能が弱まることになります。

つまり、歪みが大きくなります。

この歪みの恩恵を受けるのはアクティブな投資家で、その報酬を払うのはインデックス投資家です。

インデックス投資家が歪みという果実をコツコツ育て、アクティブな投資家が奪い去っていくことになります。

一般的に歪みが大きくなればなるほど儲けは大きくなります。割高な株がより割高になるほど、割安な株がより割安になるほど、それぞれショートとロングでより利益が大きくなります。

インデックス投資家が増えると、割高の株がより割高になるという歪みが助長されると予想できます。

そうなると、空売り(ショート)のチャンスです。

このままインデックス投資一辺倒の傾向が続くと、アクティブな投資家への莫大な報酬をインデックス投資家が払うことになりかねません。

 

人と同じことをやっていては儲からない

投資でも商売でも人と同じことをやっていては儲かりません。

みんなで豊かになることは可能ですが、それは各々が分業し別の仕事をやっている場合です。

同じことをやる人が増えれば増えるほど、一人あたりのパイは小さくなっていきます。

ネットを見ていると猫も杓子もインデックス投資を唱えています。そしてそれが儲かる理由も同じことをいっているという状況…

下のグラフを見てください

引用元:https://www.iwaicosmo.net/report/75.html

アメリカにおいて指数の上場投信数が上場銘柄を上回っているというデータがあります。これもインデックス投資が広まりすぎたのでは?と思う要素の1つです。

 

終わりに

感覚的にですが現在の猫も杓子もインデックス投資状態に違和感を感じます。

インデックス投資ブームを全肯定するのではなく、それが何年先になるかわかりませんが、ブームの破綻までキャッシュポジションを積みますのも作戦としてはありだと考えます。

米国株といえど20年間株価が停滞することはあるので、若くて時間がある方以外の場合はより慎重になるべきです。