バリュー投資で平穏に

資産形成を目指すべく行った日々の活動を記録しています

不動産投資本マラソン5/100冊目 〜パートナーと1,000万円〜

 

不動産投資関連の本を100冊読むと決めてから、現在無事5冊を読み終える事ができました。

https://www.wellness-freedom.com/real-estate-100/

6冊ほど過去に買った不動産関連の本があったので今はそれらを消化しています。これから地味に大学生にはきつい本代に耐える事になります…

読んだ本一覧

 

学んだこと

不動産投資に関する用語や指標など大体知る事ができました。

その中でどの本にも共通して書いてあることがいくつかありました。特に、下記の2つはとても重要そうなのでしっかりと考えるべきだと感じました。

  • パートナー選びが大事
  • 年収1,000万円、投資資金1,000万円がスタートライン?

パートナー選びが大事

ビジネスをする上でパートナー選びは大事だとよく言われていますが、これは不動産投資にも当てはまりそうです。お互い騙されるのではないかという不安が渦巻く不動産投資の世界で、信頼関係は大事なのでしょう。

また、医師などある程度所得があって本業が忙しい人の場合、基本は不動産の管理などをパートナー会社に任せる事になると思います。自分で不動産を管理するより任せたほうが、信頼関係を築けますし、お互い得をします。

というのは、投資をする側は本業に専念する事ができ自分の時間を使わなくてすみます。管理などをプロに任せるので、経費の把握がしやすくなります。

不動産会社は、仕事がもらえます。この時、ケチりすぎずある程度含みを持たせることが大事だそうです。

さらに、海外に投資する場合でもパートナー選びが大事です。情報を国内より得にくい分、より重要です。

年収1,000万円、投資資金1,000万円がスタートライン?

この基準はざっくりとですが、どうやら信憑性はありそうです。

今のところ読んだ本は5冊ですが、最初の初心者向けの本を除いて全てこのような基準が書いてありました。年収1,000万円かつ投資資金1,000万円になってから始めた方がいいという本や、挙げられている例が自己資本1,000万円ある事が前提な本などがあり、どれも表現方法に差はあれどこのような基準を示していました。

1,000万円以下(融資込み)で買える物件は、掘り出しもの物件として買えるものとして紹介されていました。

おすすめの1冊

読んだ本の中からあえておすすめの1冊を挙げるとすれば、この本です。

不動産投資につていての基礎から、少々難しい指標まで一通り学べます。この本の著者が実際に行った不動産投資の詳細解説もついていて、不動産投資を一通り勉強するのにもってこいの1冊だと思います。

難点はある程度知識がないと読み進めるのに時間がかかることです。とりあえず読んでみて難しそうだったら、自分の知識とこの本のギャップをネットなり本なりで埋めて再挑戦するといいと思います。

終わりに

100冊マラソンも無事に5冊目が終わり、無事スタートをきれました。

100冊も読み意味があるのか感はありますが、不動産に”関連”している本を読むのが目的なのでそれくらい読むべきだと思う気持ちもあります。

 

とりあえず5冊は読めたので、次は10冊を目指します。