バリュー投資で平穏に

資産形成を目指すべく行った日々の活動を記録しています

勤務医の資産形成戦略

特に開業医の跡取りや資産家というわけではない”もたざる者”が、投資で経済的自由を得るための基礎的な部分を解説していきたいと思います。

基礎ができてこその応用、基礎ができていないのに応用的なことばかりに力を入れてもそれは所詮付け焼き刃にすぎません。

今回はその基礎、つまりいかに投資のお金=余剰金を貯めるかについて書いていきたいと思います。

 

まず、収入をひたすら増やす

投資への第一歩として、勤務医の腕を磨き(某ブログの言葉をお借りすると最強の勤務医を目指す)、バイトをいれまくります。

医療費が減少し医師の数が需要に対して多くなるのは目に見えているので、たくさん医療を勉強して稼げるうちに稼ぐという意識が必要です。

好条件なバイトは内輪に回されるので民間斡旋業者はあまりよくないと思われがちですが、病院は医師にツテを持っていないことが多いのでそうでもなさそうです。なので民間斡旋業者を使うと良さそうです。

詳しくは整形外科医さんのブログをご覧ください。

収入を増やしお金を貯めるスピードを加速させます。

 

次に、生活のセーフティーネットを作る

投資をするのはまだです。まず先にセーフティーネットを作るのが先決です。堅実な投資は堅実な生活の上に成り立ちます。

例えば、リーマンショックの後に生活する上でまとまったお金が必要になったとします。しかし、そのお金を払うことができるだけの株はあるけど、現金はないという状況…。そのまとまったお金を払うには、底で株を売るしかなく、泣く泣く株を処分するという結果になってしまいます。

要するに十分なセーフティーネットがないということは、不利なゲーム(投資)をすることになるのです。

かといってセーフティーネットばかりお金をかけていたら、いつまで経っても資産形成はできないのでバランスが大事です。

 

積立NISAとiDeCo枠でインデックスファンド・ETF投資を購入

最低限の老後資金を作ることが目的です。

まず、インデックスファンド・ETFを積立NISAとiDeCoの枠をフルに使い購入していきます。

積立NISAとiDeCoの枠をフルに使っていれば、老後のための資金として最低限はクリアするはずです。

ただしこれはあくまで過去はそうだったという話で、これからもそうなるとは限りません。

S&P500の過去10年の平均利回りは約7%、しかし人気な米国株といえど20年間停滞していた時期はあります。

1960年代前半からの20年間です。

加えて昨今インデックス投資ブームが過熱していて、猫も杓子も口を揃えてインデックス投資を唱えている状況に違和感を感じます。

例えば人気なS&P500だと、この指数に加えられてる会社の株価はインデックスファンドからの買いにより、プレミアが乗っかている可能性が十分にああります。

なので、ここのところは各人のリスク許容度により判断した方がいいと思います。

 

3ヶ月分の生活費+予想できる出費を分類して貯金

これは投資する上で非常に重要です。

リスクを許容できる人も絶対に3ヶ月分の生活費と予想できる出費を貯金しておきましょう。

3ヶ月分の生活費はあくまで目安なので、職業や個人の体調などで変えるといいです。

また、予想できる出費は分類して貯金することが重要です。これくらい貯金したらいいかな、というような漫然とした貯金ではいけません。これは3ヶ月分の生活費のお金、これは子供の学費のためのお金、これは車の予想外の出費のためのお金、という風に分類して貯金しましょう。

 

節税、ポイント、セールを最大限利用し余剰金を作る

ここにきてようやく投資の元手となる、”余剰金”を作ることができます。

余剰金は何も対策をしないと、セーフティーネット構築、徴税などによりなかなか作ることができません。

しっかりと対策して余剰金を作っていきましょう。

 

節税

税制について勉強して最大限節税するべきです。もちろん、脱税ではなくぜつ勢であることは前提条件です。

あくまで節税である事を心がけましょう。

株や不動産などで利益を出すより、超手っ取り早く効果が実感できるのが節税です。

ふるさと納税は節税を勉強するとっかりとしてお勧めです。

ポイント

おそらくある程度稼いでる人が見落としがちなのがポイントとして”ポイント”があります。

ここでいうポイントとはTポイントやponta、クレジットカードなどから得るれるポイントのことです。

しかし、ポイントカードをたくさん持つと管理が大変で、複雑になりスマートではありません。

 

そこでおすすめなのが、楽天経済圏に加入すること。

そすれば基本的にポイントカードは楽天だけで済みますし、色々なサービスを比較するときに困ったら楽天を選べばいいので楽です。

 

セール

f:id:mdaiue:20200117145928p:plain

セールで株を買うのよ!

セールの時、つまり安売りされている時に物を買うことは投資をする上でとても重要です。

セールで物を買うメリットとして、安く買えるので支出を減らせる事があります。

しかしこれは1番の目的ではありません。

セールで物を買う習慣を持つことは、株を割安価格で買う練習になります。

この習慣を徹底することで、割引価格以外で購入することに違和感を感じられるようになる事を目指します。

株はなぜか値上がりしている時に皆が買いたくなります。

しかし、本当に買うべき時は値下がりしている時です。(直近のバーゲンセールはリーマンショック)

現実のセールとは違い、ライバルがあまりいないので買いやすいです。

 

終わりに 

資産形成は、安定した生活、倹約により可能となります。この3つの基礎を徹底して、初めて投資のスタートとなります。筆者も忘れないように、度々この記事を見返して行こうと思います。

たくさん稼いで、セーフティーネットを作り、余剰金をできるだけ確保する

この余剰金を最大化する=お金を貯めるプロセスなしでは、投資の基礎がぐらついてしまいます。

特に勤務医だとある程度収入が高く、雇用が安定しているので支出が増えがちです。

なのでケチになるくらいがちょうどいいと思います。

もしかしたら投資成功の鍵を最も握っているのは「セール」かもしれません。