貯金が苦手な私なりの貯金とお金の管理の仕方

税金払ってるのに年金は貰えない

毎年税金払っているのに私達の世代は年金が貰えないのでは、と話題になっている近年。
私達は退職後2000万円は必要と言われていますが難しいのが現実です。
私は昔から貯金好きでしたが、実際社会に出て絶対に避けられない出費の量を考えると思う様に貯金できません。

貯金好きな私が語るおすすめの貯金方法

そんな私の貯金方法を紹介します。
まず、お給料から必ず一万円を開かない貯金箱に入れます。
その貯金箱にはお金に余裕がある時や気まぐれに好きなお札を入れると言う貯金方法ですが、どんなに辛くても最低給料日には一万円入れると言う決まりを作っています。
カイテキオリゴの半額情報
なのでどんなに苦しくても最低12万円1年に貯まり、少し余裕がある時に余分に貯めるともっと貯金できます。

【塵も積もれば山となる】小銭貯金のすすめ

次に、小銭貯金です。
小銭と言っても、500円玉や100円玉をすぐに貯金してしまうと、現実的にお金が足りなくなってしまい難しいので、なるべく小さな小銭を集めます。
ゆうちょは小銭を無料で貯金出来るので、気まぐれに集めた小銭を貯金しに行きます。
このゆうちょは普段使う口座だと、使ってしまう時があるので、小銭貯金用に口座を作っておくと手をつけなくて済むので集まりやすくなります。
それが難しい場合は、1000円小銭で集まる毎に1000円札に替えて、開かない貯金箱へ一緒に入れると貯まりやすくなります。
私はそのやり方で貯まってきています。

小銭とはいえない500円玉貯金

その他にも500円玉貯金をやっているので、今年は随分と貯まって来ています。
貯金をする上で大事なのは自分がもらっているお給料の金額と合わせる事です。
例えば無理に毎月3万円とするのではなく、最低1万円だけど余裕があれば好きな時に、などと工夫をすると貯金が出来ない月は無くなって行きます。

家計簿っは貯金をする上で必須

また、家計簿はとても大切です。
クレジットカードの支払いが毎月どのくらいなのかや、毎週どんな物にどのくらい使っているのか詳しく書いて振り返る事で、無駄遣いを反省し、次の週に改善する事も出来る様になります。
書きたくない無駄遣いをあえて書く事で絶対に反省して節約する事が出来ます。
もちろん口座に自然に貯金出来るのが理想ですが、どうしても手を出してしまう人や、貯金が難しい人にはこのやり方がおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました